Skypeで曼荼羅アート基礎(伝授)をお伝えしました。

こんにちは。ご覧くださりありがとうございます。

本日は、スカイプで曼荼羅アート基礎をお伝えしました。


基礎ではまず曼荼羅についての説明と基本的な描き方をお伝えします。


練習アートとして8等分曼荼羅を描きました。


最初に私がしている丸い色の入れ方を説明しながら一緒に色を入れます。

最初に選んだいろは見えにくいかな?と思い、途中で色を変えました。


次に型の置き方やくるりん、四隅のキラリなど基本的な描き方を

ご一緒に描きながら説明していきます。


次は本番として伝授アートです。


私はこんな感じに仕上がりました。

実は、練習アートで使った型だけで描いています。

単純に重ねて増やしていったので、練習アートでお伝えしている小技も入っていません。

使った形の方は練習アートの方が多いです。


最初は線が弱くて、、、なんとなく生命エネルギー不足している?そんな華奢な構成の線になってしまいました。でも、最後には線の強弱をつけてどうにかまとめてみました。


今回は、ほかのお教室で曼荼羅を一度されているというお話も伺ったので「曼陀羅とは」「なんで心の花なのか?」そこのところをいつも以上に語ってしまったかもしれません(^^;)。それもあってか、初心に戻って小技なし、形が中心から広がっていくのを感じながら描いてみました。


Mandala artist Reiko N * Gakusetsu

曼荼羅アートを描いています。

0コメント

  • 1000 / 1000