私が提供している神聖幾何学模様について最近思ったこと

最近ではよく見かける様になったフラワー・オブ・ライフですが、私が描き始めた2011年は情報自体も少なく、もちろん描き方をパステルアートとして講座にしている方も、紹介しているブログも見かけませんでした。でもどうしても描きたくて、そのためにたくさんの図を見て、検証して、コンパスなしで描く方法を考えました。

それは、コンパスで1つ1つ円を描くの面倒だなって思ったからです。

この方法に慣れれば〇が一つあれば最終的には簡単にフラワー・オブ・ライフが描けるようになります。

他の幾何学模様も同様にたくさんの図を見て定義など考慮して描き方を考えました。もちろん、本番の紙にはコンパスの針を刺さないで描いていきます。

慣れればこんなにたくさん重ねられます。


描き始めた頃から「教えてほしい」と言われ、もっと簡単にかけるように曼荼羅アート発展の描き方を考え、パステルで描けるように定規の図面をつくりました。

残念なことに、教えはじめてまもなくそれを営利目的で流用する方たちが出てきました。個人の楽しみのために提供したものなのに、、、仕方なくフラワー・オブ・ライフの図面(製図)の使用を許可すると言う認定にしました。

でも、定規を使わなければいいよね的発想のかたもいらっしゃって、、、私の描き方を応用したその描き方が流出しました。一部地域で広がっているのも知っています。


当初そういうことをするかたたちは私の知っている限り私から直接習った方たちばかりでした。

最近、神聖幾何学模様が流行ってきたようですが、ワークレポをブログで拝見する限り

線が足りない
通るべき点を通らない

そんなものを教えている方を見かけるようになりました。先生のお手本がそんな状態です。
正直、不完全なものを描いたのに、嬉しそうに写真に写っているその参加者さんたちが気の毒にも思いました。


それって、良くないのでは?と思いました。

すでに〇一つでフラワー・オブ・ライフとフルーツ・オブ・ライフの描き方は完成していたので、ほかの神聖幾何学を一年かけて描き方を検討し考案しました。


ヴェシカパイシスはコンパスを使えば簡単に定義通り描けます。
コンパスを使わないためにはどういう型を作って動かせばいいのか?

ゴールデンスパイラルをアートとして楽しく表現するには?

マカバを水晶のような半透明に見せるには?

マカバやプラトン立体をデッサンなどしていない方が簡単に形が取れるようにするには?

そしてもどうすれば立体的に見えるか?

ラビリンスもパステルアートにするにはどういう風に型をつくればいいのか?


一つ出来上がってはモニターさんに協力していただいて完成させたものです。


他のアートもそうです。習ったから描けるようになったよね。

型を動かす、製図を作る発想も習ったからだよね。といいたいです。



これは、もしかしたら批判が来るかもしれませんが

私はおかけまさまで曼荼羅アートですでに500人以上の方とかかわりを持っています。


その中で、私が提供したものに対して不愉快になることをする、自分の価値観で判断して攻撃的なことを言ってくる方たちは

某ヒーラーさんが圧倒的の多いです。


某ヒーリングは海外のもので、一部の方には正しく広まっていないという話も聞いていますので、こういうことがあると、このように人を不愉快にさせるエネルギーも流れているのでは?とつい思ってしまいます。


私から見てきちんとされていて大好きなヒーラーさんの方が多いのもそのヒーリングですが、

その方たちとの差って何なんだろう?と思っています。







0コメント

  • 1000 / 1000